ソーシャルレンディングとは?

ホーム » ソーシャルレンディング » ソーシャルレンディングとは?

人と人を結ぶ新しい金融マーケットの形

人と人を結ぶ新しい金融マーケットの形

ソーシャルレンディングサービス(SLS)とは、例えば、募集企業と求職者をマッチングするサイトや、結婚相手を探す男女の出会いをマッチングするサイト等と同様に、『お金を投資したい(貸したい)人』と『お金を借りたい人』を結びつける融資の仲介サービスです。人と人を結びつけることからP2P融資(Person to Person Lending)とも言われています。111ソーシャルレンディングを含め、ソーシャルレンディングサービスを提供するサイトは全世界に複数存在します。
111ソーシャルレンディングは、投資家と借り手のニーズをマッチングさせるための一連のサービスを日英両言語でご提供しています。投資に際して必ず直面する様々な専門用語や、米国での不動産取引の仕組みについて、米国不動産、税務・会計、法律に精通したスタッフが英語や日本語にて丁寧にご説明させていただきます。

111 ソーシャルレンディングの仕組みと流れ

1 借り手からの融資申し込み

111 ソーシャルレンディングに融資の依頼が書面にて入ります。借り手(Borrower)は、米国金融機関の基準に基づいて審査された不動産の購入者になります。
具体的には、ゼネコン業者(法人・個人)、不動産業者、個人投資家の方等が借り手の中心となっています。

2 審査

不動産鑑定士(Certified Real Estate Appraisers)が担保物件の査定を行います。また、借り手の経済状況の審査、及びFICOシステム等を利用した信用力の調査を行います。111ソーシャルレンディングでは、融資の可否の査定に際し、担保となる不動産物件の査定額、及びマーケットでの売却可能性の割合を最重視して審査を行います。

3 ローン募集開始

111 ソーシャルレンディングの融資審査基準に基づき、融資可能との判断された場合には、その投資案件情報の詳細を会員専用ページに掲載し、融資の募集を開始します。投資家の方には、米国内の特別目的法人会社約款(Operating Agreement of Limited Liability Company)に基づき、特別目的法人(LLC)に対して出資をしていただきます。借り手に対する実際の貸付業務は、米国内の各州の州法に基づき、特別目的法人が行います。

4 ローンの投資開始

対象案件が決まりましたら、投資資金をご入金いただきます。これらの貸付業務は、エスクロー会社を介しての取引となります。第三者機関であるエスクロー会社を介することにより、投資家(Lender)、借り手(Borrower)の双方にとって、よりスムーズにかつ信頼できる契約の締結を実現することが可能です。

5 抵当権登記

抵当権の登記をします。一般的には、タイトル保険会社がエスクロー会社を通して、物件を統括する郡の登記所に対して登記を行います。また、詐欺行為やなりすまし行為等が起こらないように、登記の際には、借用書(Promissory Note)や信託証書(Trust Deed)への署名を公証人(Notary Public)の立会いのもとで行います。

6 ローン成立・貸し付け

必要書類の全てが締結され、投資家の方からの投資資金のご入金が確認されますと、エスクロー会社を介して貸付が実行されます(ファンディング)。エスクロー会社は、タイトル保険会社を介して信託証書を管轄の郡の登記所に登記し、投資家の方から預かった融資金を借り手に受け渡します。

7 借り手からの返済と投資家への分配

借用書の諸条件に基づき、借り手から111ソーシャルレンディングに対し、月々の金利や借り入れ元本の支払いが行われます。
借り手は、毎月10~15日までに、前月分の金利を111ソーシャルレンディングに対して支払います。借り手からの入金確認後、2営業日以内に投資家様ご名義のご指定口座にお支払いをいたします。元本償還日は、貸付実行日から1年以内となり、完済まで毎月分配金のお支払いが行われます。

8 完済

借り手が借り入れ全額を完済すると、2営業日以内に111ソーシャルレンディングより投資家様に最後のお支払いを行い、当該案件は完了となります。完済は、期限通りに行なわれることもあれば、期限前に完了することもあります。また、貸し手、借り手の双方が合意する場合には、貸付期間を延長(ロールオーバー)する場合もあります。

ファンドについて & ファンド要綱 »
不動産投資についてご興味のある方は今すぐお問い合わせ下さい