ローンがデフォルト (債務不履行) になったら

ホーム » 米国不動産担保ローン債権投資について » ローンがデフォルト (債務不履行) になったら

万一の債務不履行の場合は、担保不動産を売却し、資金を回収します

貸付をしたローンの返済が滞り、デフォルト(債務不履行)となった場合には、
直ちに信託証書(Trust Deed)システム を使い、債権の回収を開始致します。

信託証書(Trust Deed)システムについての
詳しい解説はこちら

ローンデフォルトから資金回収までの流れ

1 デフォルト(債務不履行)後、1~2ヵ月以上経過後に
Notice of Default(NOD:債務不履行に関する通知)を登記。

2 上記 1 の登記後、3ヶ月以上経過後に
Notice of Sale(NOS:競売開始決定通知)を登記。

3 上記 2 の登記後、21日以上経過後に
競売(Foreclosure)にて物件を売却し資金回収。

4 上記 3 の競売(Foreclosure)にて売却ができない場合
担保不動産の所有権を取得(REO=Real Estate Owned:Lender所有)
その後、担保不動産を売却することにより資金回収を行います。

これらの一連の手続きをアメリカ全土で最大規模を誇る民間債権回収会社と連携し、法的に手続きを進めてまいります。最長のケースとして当該物件の所有権を取得することになった場合も、当社が不動産取引の専門家として物件の売却、そして投資資金の回収業務をいたします。

※これらのデフォルトローンの回収、物件差押手続き、競売申立手続き、資金回収業務に関する費用は、投資家のご負担となりますことを予めご了承ください。

   
    « 手数料と税金について     国外在住の投資家の方へ »
不動産投資についてご興味のある方は今すぐお問い合わせ下さい